2014年02月25日

A列車で行こう3D いばらの道攻略「黒いダイヤの復活」石炭縛り

【イントロダクション】
A列車で行こう3D攻略、8マップ目「黒いダイヤの復活」
難易度:いばらの道
用途指定地域:あり
期限:6年以内
クリア条件
 ・年間資源関連利益200億円以上
 ・年間子会社利益100億円以上
 ・総資産2000億円以上
 ・子会社数30社以上

独自ルール:石炭使用禁止

map08-01.png
チャーリー・ブラウン氏のご高説。新規プロジェクト打合せにて。

※前マップのように資材以外の資源全てを使用せず攻略しようと思ったのだが、後述のように公共交通利用率が低く断念した。


【このマップについて】
 マップ名通り、石炭が主役となる。開始時点において、四部地区(マップ右中央)に画面いっぱいの炭田が確認できる。また、御宮地区(マップ左上)に火力発電所2件と製鉄所1件があるので、石炭はそちらへ運ぶ構図になる。
 注意するべき点は、石炭を消費する製鉄所が新規で建設できない。火力発電所は建設できるが808億円と非常に高価なので、おいそれと設置できないだろう。その為、農産等他の資源に頼ることになる。木材を扱う際には製材所も新設できないのでこちらも注意されたし。
 一方、内陸のマップではあるが、マップ左中央の中洲に港の建設が可能である。但し、このマップの資源は海外との価格差が小さいので輸出すれば必ずしも儲かるわけではない。
 また、公共交通利用率が30%と低い。旅客輸送に進出するには、貨物輸送用に鉄道総延長を伸ばし、充分に経営基盤を整えてからの方が良いだろう。


【経営計画】
 今回は石炭を使用しない。
 1年目の夏ごろ御宮地区に漁港が出来る。その漁港と農業組合を利用し、農産・水産の都市内消費と木材を港から輸出する。それでも、開始時点での価格差では資源関連利益が150億円にも届かないので株式公開と同時に大規模な都市開発を行い、資材の販売利益を狙う。資材工場B5件以上の資材を消費できれば目標に到達できると判断した。
 株式公開は純資産495億、剰余金19億が必要である。2年では不可能だろうが、3年後を目処に公開できるだろう。クリア期限も6年と長いので公開遅れによる問題は生じにくい。
 子会社利益は物流センターの他、新規に開発する都市に子会社を建設し目標達成を目指す。


【農産の輸送】

map08-02.JPG
map08-03.JPG
どちらも差額はそれほど大きくはないが、今回のメイン資源なのでフル活用する。

map08-04.JPG
一方の木材。海外輸出すれば額は小さいが儲けは出せる。
マップ北部に製材所が1件あるのでそちらも活用する。

map08-05.JPG
石炭、石炭うるせぇ!ヽ(#`Д´)ノ

map08-06.JPG
物流センターと農産倉庫設置。農業組合が2件あるので物流センターは4件建設する。
物流センター同士を近くに置くと資源消費量が減少するので注意されたし。
なお、農業組合は季節によって生産量が異なる。農繁期は秋ごろ。
周囲の環境にもよるが、9月頃は9個/日、10〜11月頃は10個/日と
物流センター2件分の消費量を上回る。
余剰分を一旦倉庫に溜めておき、農閑期となる冬に余剰分を売っていく。
計算上、農業組合1件に対し、倉庫4件が必要となる。

map08-07.JPG
資源2個積める高性能トラックが初期から使用可能。積極的に利用したいが、
道路整備をすると公共交通利用率が減少するので悩ましい。

map08-08.JPG
テストプレー時には8月に必ず漁港が出来ていたのだが、はて?

map08-09.JPG
map08-10.JPG
貨物列車の1年の運行経費が1編成あたり50億を超えそうである。
既存のディーゼル機関車と比べ、運行経費27%ダウンと開発費の元も取れそうなので
新しい貨物列車AE86系の開発に着手。
完成の暁には元気よく豆腐を運んでもらおう。

map08-11.JPG
1年目終了。利益はぼちぼち。待てど暮らせど漁港が出来ず。

map08-12.JPG
例の如く、決算直前に資金借入。こうなれば自力で港を建設し水産を輸入する。
(港が輸入できる事にこのとき初めて気付いたのは内緒)


【資源輸送網の完成】

map08-13.JPG
港完成。水産を輸入してもらう。
貨物駅から充分資源が届くので、無理に架橋する必要はない。
伐採所も対岸の竹林地帯に設置する。

map08-14.JPG
海外の水産が安い。無理に漁港を使用することもなかった。

map08-15.JPG
map08-16.JPG
(´;ω;`) 「助けて!この竹林にある伐採所が木材を産出してくれないの!」
('A`) 。o 0 (何言ってるんだ、こいつ…。)

map08-17.JPG
仕方がないので北方の広葉・針葉樹林に設置しなおし。
他2件の竹林伐採所は木材を産出してくれるのだが。

map08-18.JPG
2年目9月に資源関連利益が100億円に到達したと営業部長が報告。
このペースだと、資材なしで年間200億円まで行きそうであるが、何故?

map08-19.JPG
map08-20.JPG
気付けば、農産・水産の価格差が200万円程度にまで広がっていた。
子会社利益も年間100億円ペースである。攻略記事どうしよう/(^o^)\

map08-21.JPG
map08-22.JPG
子会社利益、資源関連利益、仲良く2年足らずで目標達成。


【クリアまでの長く辛い道のり】

map08-23.JPG
別荘を設置し、子会社数目標達成。
あとは、株式公開をし資金を借り入れ総資産2000億円を目指すのみである。
今すぐには無理だが、3年目秋には公開条件を満たすだろう。

map08-24.JPG
忙しすぎて、高倉健のモノマネをする鉄道員。

map08-25.JPG
map08-26.JPG
何気なく伐採所を見たら、竹林(上SS)と広葉・針葉(下SS)とで売上が違う模様。
選べるなら広葉・針葉樹林帯に設置した方がいいようだ。

map08-27.JPG
漁港くん、2年2ヶ月の大遅刻。

map08-28.JPG
株式公開。資金借入。そして

map08-29.JPG
クリア条件達成。

map08-30.JPG
あざとい(^p^)


400x300iubanner.png
A列車で行こう3Dに飽きたら、拙作「鉄道事業戦略」は如何だろう。無料版有。


posted by ぷーすけ at 18:39| Comment(0) | A列車で行こう3D