2014年03月02日

A列車で行こう3D いばらの道攻略「パークアンドライド」資材以外資源縛り

【イントロダクション】
A列車で行こう3D攻略、9マップ目「パークアンドライド」
難易度:いばらの道
用途指定地域:あり
期限:5年以内
クリア条件
 ・路面軌道総延長60km以上
 ・年間路面電車利益5億円以上
 ・年間鉄道利益50億円以上
 ・会社格付けAAA

独自ルール:資材以外の資源の使用禁止、技術供与禁止


【このマップについて】
 すでに大きな街が形成されている。公共交通利用率が60%と少々低めだが、うまくやれば初年度から旅客輸送で大きな利益を出せる。一方、住宅比率が開始時点で100%近くに達しており、街の発展をさせるには運輸比率を上げるなど何らかの対策が必要となる。
 資源は、農産・水産の価格差が大きく、これらの資源輸送からも大きな利益をもたらすだろう。以上の理由から、路面軌道総延長、鉄道利益、会社格付けの目標達成は難しくはない。ボトルネックは路面電車利益となるだろう。


【路面電車について】
 その路面電車だが、このゲームでは情景ツールの側面が強く、経営上はデメリットが目立つ。大きなデメリットを列挙すると
・2車線道路込みのため敷設コストが非常に高い
・最大定員数が少なく、売上・利益を伸ばしにくい
・電停が売上を出さない
・路面軌道総延長は公共交通利用率上昇に影響しない
となる。
 また、「たそがれの離島」でも述べたように、道路の総延長10km毎に公共交通利用率が5%低下する。そのため路面電車を整備すればするほど、公共交通利用率が低下する事態になりかねないので注意が必要である。


【経営計画】
 今回は資材以外の資源を輸送しない。
 まずは富川・豊玉地区と呉麻地区と結ぶ既存路線を活用し、旅客輸送利益を狙う。会社格付けAAAを狙うには配当率も影響しているようなので配当をキッチリ出すためにも、大きな利益を確保しなければならない。経験上、5%以上配当を出せば株式公開と同時にAAAを狙えるはずである。
 2年後、株式公開で格付けAAAを獲得。3年目は利益率の高い路面電車の開発をし、4年目に路面電車利益5億円を目指す。路面電車の開発が3年目からなのは、会社の利益率を確保するためである。研究開発費は繰延資産となるが、年間の償却率が20%と非常に高額。額にもよるが7,8回程度の改良を想定しているので、利益の確保のため2年間は手を出さないことにした。


【東西本線の改良】
 大きな街を結ぶ複線と、非常に優れた線路設備なので上手く活用したい。

map09-01.JPG
ダンベル型の環状線を設置。既存の湾岸線も有効活用した。

map09-02.JPG
富川付近の様子。
呉麻(左上)から来た旅客列車は一番奥のホーム、環状線に入る。
環状線からは、一番手前のホームに入り、そのまま呉麻方面へ向かう。
資材列車は真ん中のホームで折り返し、環状線内のみで運用。
よく見ると、湾岸線と東西線が別の駅となっているが、
それを逆に利用し路線全体の乗客を確保を狙う。

map09-03.JPG
呉麻付近。こちらも資材輸送は列車を使用。新しく資材工場も設置。
公共交通利用率低下を防ぎたかった。
今回、駅ビルは控えた。借入金額を抑えたかった事もあるが
確認をしたら、何故か駅ビル等建物の減価償却率が
8%を超えており、利益圧迫を懸念した。乗降客数を充分に確保してから建て替える。

map09-04.JPG
map09-05.JPG
ぬぉぉぉおおおお(^p^) お姉さま、グッジョブ!

map09-06.JPG
狂ったように廃線を濫造。補助金をせしめて公共交通利用率上昇。
なお、100km以上は利用率上昇に影響しない模様。

map09-07.JPG
公共交通利用率が上昇したので運賃値上げ。年2回可能である。
これは、発展の余地が少ないので乗客を増やしても仕方がないのと
定員の少ない路面電車の利益率を改善するため。

map09-08.JPG
助成金収入は利益となるので、剰余金積み増しにも繋がる。税を取り戻せ。

map09-09.JPG
決算直前。1年足らずにして鉄道利益50億円達成。

map09-10.JPG
今年の利益構造。資材も大きく稼いでくれた。

map09-11.JPG
よーし、パパ6%あげちゃうよー(^p^)

map09-12.JPG
2年目終了。旅客利益が上昇。資材利益も伸びているが、
これは運よく製油所が出来、工業比率が上昇し、街の発展が続いたため。


【株式公開と路面電車】

map09-13.JPG
株式公開を指示。今年も配当を出せるので、公開即AAAは間違いない。

map09-14.JPG
map09-15.JPG
意気揚々と路面電車「L x 01」の開発開始。
ジャンプ力は高いがよく滑る、微妙に使いづらい某弟風デザイン。

map09-16.JPG
キノコを捻じ込み1upを繰り返す。

map09-17.JPG
今年も30円配当。(0゜・∀・)ワクワクテカテカ

map09-18.JPG
株式公開。そして

map09-19.JPG
ぎゃぁぁぁぁああああああああああああ!!!!!!1(^p^)(^p^)(^p^)

map09-20.JPG
ぎゃぁぁぁぁあああああ!!!。・゚・(ノД`)・゚・。

map09-21.JPG
仕方がないので、弟は5upで打ち止め。
経費*3、定員*1、接客*1の改良。

map09-22.JPG
路面軌道敷設。このように敷設した。これで少し様子を見る。

map09-23.JPG
年間5億円目指せるペースで稼ぎだしてるようで、とりあえず安心。

map09-24.JPG
ブランド力を上昇させ、利益率の向上を狙う。

map09-25.JPG
3年目終了。利益上昇は確保。

map09-26.JPG
map09-27.JPG
続けて格付け上昇。

map09-28.JPG
駅ビルに順次建て替え、列車も4両に増結。利益を確保したい。

map09-29.JPG
どうにか会社格付けAAAを達成。
昨年の利益増加と課税による自己資本減少が
自己資本利益率改善に貢献したようだ。

map09-30.JPG
古木地区に路面電車新設。
路面軌道総延長の目標達成とさらなる路面電車利益確保のため。
道路を敷設した事で公共交通利用率が40%にまで落ち込んだが
路面電車利益はどうにか増加している模様。

map09-31.JPG
会社格付けはもうどうでもよいので1円配当。

map09-32.JPG
3年9ヶ月で路面電車利益5億円確保。クリア目標達成。
ふー、格付けAA-だったときはどうなるかと思った(^p^)
資源を輸送すれば少ない投資で利益を上げやすいと思われるので、
格付けAAAはより達成しやすくなるだろう。


400x300iubanner.png
A列車で行こう3Dに飽きたら、拙作「鉄道事業戦略」は如何だろう。無料版有。


posted by ぷーすけ at 13:26| Comment(0) | A列車で行こう3D