2014年02月23日

A列車で行こう3D いばらの道攻略「いくつもの河を越えて」資材以外資源縛り

【イントロダクション】
A列車で行こう3D攻略、7マップ目「いくつもの河を越えて」
難易度:いばらの道
用途指定地域:あり
期限:4年以内
クリア条件
 ・鉄道総延長100km以上
 ・道路総延長100km以上
 ・株式公開
 ・人口3万人以上

独自ルール:資材以外の資源使用禁止、港使用禁止


【このマップについて】
 農業組合、漁港、物流センターが開始時点で整っており農産・水産輸送での利益を上げやすそうである。 一方、石油石炭については、地下資源調査を行うと富座に油田、美浦・舞江に炭田がある。いずれも規模は小さいので無理に利用することはない。
 なお、このマップ開始時点では貨物輸送は蒸気機関車を使用することとなる。ロマンはあるが運行コストが非常に高いので本格的に資源輸送を鉄道で考えている場合は車両開発も視野に入れるべし。
 物価は現代のおよそ1/3。株式公開の条件は、2年終了時点で純資産165億円、剰余金6億円である。


【経営計画】
 今回は資材以外の資源輸送を行わないので、旅客輸送による利益増を狙う。
 まずは銀栄地区に環状線を設置し、旅客輸送で利益を上げる。その利益を元手に中洲方面へ進出。2年後に株式公開を目指し、その資金で3万人を目指す。極めて王道な戦略ではあるが、銀栄地区が既にかなり発展しており序盤から収益をあげるのが可能と判断した。 人口も初期状態で14,787人。土地もあるので4年もあれば3万人も不可能ではない。


【金のなる木】
 銀栄地区は旅客輸送での利益があげやすい一方、人口増加は余り見込めない。確かに、家々が多く発展の余地はあるのだが、発展させると家を潰してマンションの他雑居ビル等も建設されてしまう。トータルとしての人口増加はあまり望めない。

map07-01.JPG
資材工場設置。前述のとおり資材輸送は鉄道を避けトラックで行う。

map07-02.JPG
銀行から限度額まで借り入れて、複線・全駅駅ビルで環状線を建設。
内回り・外回りともに30分毎に列車を走らせる。

map07-03.JPG
銀栄地区(マップ左中央)に環状線設置。中州の左から富座、舞江、浮舟、恵比浜。
将来、富座、舞江、浮舟あたりに環状線を設置したい。

map07-04.JPG
1年目終了。建設ラッシュのため、資材利益が想像以上に伸びた。
株式公開のため、2年間の税引後利益が60億円程度必要だが達成できそうである。

map07-05.JPG
税額が確定する前に再度借り入れ。新しい環状線設置に利用。

map07-06.JPG
資材工場を売り出し。銀栄地区の発展が一巡し、今後資材が売れないと判断。
今なら建設費の倍以上の価格で売り抜けられる。

map07-07.JPG
銀栄地区北部の様子。大きく発展したように見えるが、人口は2,498人増の17,285人。


【都市開発に本腰】

map07-08.JPG
map07-09.JPG
舞江、浮舟に環状線を設置。今回は単線。駅ビルは資金の都合上一部のみ。

map07-10.JPG
map07-11.JPG
資材は舞江、浮舟に資材工場を新設した。こちらも資金が足りないので、あとから増設予定。

map07-12.JPG
2年目の10月21日。ようやく人口2万人達成。増加ペースは伸びている。

map07-13.JPG
2年終了。鉄道利益が大きく伸びた。株式公開条件も達成。

map07-14.JPG
人口は7,686人増と急激な伸び。新環状線が功を奏した。
順次、駅ビルに建替えているため住宅比率の問題も発生しにくい。

map07-15.JPG
深夜2時に営業部長を呼び出し株式公開を指示。24時間戦えますか。

map07-16.JPG
map07-17.JPG
新環状線を舞江北部に少し拡張。

map07-18.JPG
1970年に入ってから幾つかの建物が解禁され、人口増加ペースを上げやすくなる。

map07-19.JPG
税金も払い終わり資金に余裕があるので、先に線路・道路ともに100km達成。

map07-20.JPG
株式公開完了。以前深夜に呼び出しておいてなんだが、
人口3万人も目前なので資金はもはやどうでも良い。

map07-21.JPG
3年目9月28日、人口3万人達成。

map07-22.JPG
猫の行方が決まる前にゲームが終了してしまった。
クロ君(くろすけ、ナイト)はこの後どうなってしまうんや。


400x300iubanner.png
A列車で行こう3Dに飽きたら、拙作「鉄道事業戦略」は如何だろう。無料版有。


posted by ぷーすけ at 11:21| Comment(0) | A列車で行こう3D
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: